妊婦さんにお勧めの栄養素

赤ちゃん
妊娠すると、以前と変わらない食事をしていても体重がどんどん増えてしまうことがあります。
急激な体重増加は、妊娠高血圧症候群の危険性だけでなく難産になってしまう可能性があるため、食事のとり方に気を付ける必要があります。
妊娠初期でつわりなどがある場合は、食べられるものを食べられるだけとっても大丈夫です。
中期からは特に太りやすいため、体重増加に気を付けながら食事をする必要があります。
そのため、毎日規則正しくバランスの良い食事をとることが理想です。
しかし、つい食べ過ぎてしまうこともあります。
その翌日はヘルシーな食事を意識し、間食も寒天ゼリーを食べるなどの工夫をするのがおすすめです。

食事の味付け

味付けは薄味が基本です。
塩分は7.5g以下にすることがおすすめです。
減塩は妊娠高血圧症候群を防ぐだけでなく、離乳食が始まった時の取り分けや今後の自分の健康にも繋がります。
だしや酢、生姜、ラー油などの塩分を含まずに風味が増す調味料をうまく活用することで、ストレスなく減塩することができます。
計量しながら減塩料理を作ってみることで普段よりどの程度塩分を減らせば良いのかがわかるので、実際に作ってみることがおすすめです。

摂りたい栄養素と食べ物

葉酸

赤血球や細胞分裂に必要な栄養素で、赤ちゃんの正常な成長に欠かせません。
葉酸はほうれん草やレバー、しじみなどに含まれます。
水溶性ビタミンという毎日摂取することが必要な栄養素のため、意識して食事に取り入れる必要があります。
また、水溶性ビタミンは水に溶け出しやすいので、茹ですぎないようにするなど調理する際に気を付ける必要があります。

カルシウム

赤ちゃんの骨の成長だけでなく、妊婦さんの骨密度低下防止にも役立ちます。
カルシウムは牛乳や大豆に多く含まれますが、ビタミンDである魚などと一緒に摂取すると、より吸収されやすいのでおすすめです。

鉄分

貧血予防に大切な栄養素です。
妊娠中は赤ちゃんに酸素を送るためにも貧血にならないように気を付ける必要があります。
鉄分は納豆やあさり、レバーなどに含まれます。
サプリメントの摂取など、摂り過ぎると肝機能障害の恐れがあるため注意しなければなりません。

食物繊維

妊娠中は腸の働きが鈍くなるため便秘になりやすく、病院で薬をもらう妊婦さんも多いです。
便秘を悪化させないためにも、食事から予防することが大切です。
食物繊維は豆類や海藻、野菜にたくさん含まれています。
野菜をたくさん摂取するためには、野菜スープなど茹でて食べるのがおすすめです。

■サイト名:葉酸サプリメントを比較!妊活・妊娠中の女性必見の選び方はコレ
http://www.syufeel.com/onayami_ichiran/maternity/yousan/yo12 
葉酸サプリからの葉酸摂取量が知りたい方必見。
こちらのサイトではサプリメントに含まれる葉酸の量だけでなく、安産に繋がるレシピを知ることができます。
安産を目指している方におすすめです。