安産のための呼吸法について

初産の妊婦さんの場合、初めての出産に不安を感じたり、無事に安産できるか妊娠中心配している人も多いかもしれません。初産の場合、特に出産経験がないために時間がかかったり、痛みにパニックになったりすることもあるので、いざ出産となった場合にはまず落ち着くことが重要になります。基本的には助産師さんの指示に従うことでお産の流れがスムーズになるので、きちんと助産師さんのアドバイスに耳を傾けるようにしましょう。呼吸法についてはさまざまな呼吸法が提唱されていますが、基本的に大事なことは「しっかり息を吐いて、しっかり息を吸う」これだけです。特にきちんと息を吐くことを忘れてしまう場合があるので、そうするとしっかり息も吸えなくなり、いきみを逃したりすることが上手にできなくなることがあるので注意が必要です。痛みの波が来たときには息をゆっくり吐くことで痛みを和らげることもできるので、上手に呼吸法を取り入れていきましょう。呼吸のタイミングがわからない場合はきちんと指示を聞くと良いでしょう。また、事前に股関節まわりのストレッチを行うことで骨盤まわりの筋肉を柔らかくしておくことも安産につながる場合があるので、医師から運動の制限などがない場合は積極的にストレッチを行ってもいいかもしれません。基本的には後期からで十分ですが、初期の安定していない体調のときは控えたほうが良いでしょう。
あまり不安になり過ぎたり緊張し過ぎずに、赤ちゃんと会えることを楽しみに、その後の育児に思いを馳せながら、なるようになる、とどんと構えて臨むのも安産の秘訣の一つです。